ワークショップ

世界記録保持者ライド・ディトマー東京教室~劇的にジャグリングが上手になる6つの方法

昨年春から続いた3つの世界一流講師ワークショップ完結編。
ヴィクトル・キーによるプロとしてのジャグリング、ショーの作り方とステージへの立ち方、
ステファン・シングによるジャグリングの独創性、創造性、
そして今回ライド・ディトマーによる、劇的にジャグリングが上手になる6つの方法。

一生懸命ジャグリングの練習をしているのに思うように上達できない、同じ時期に練習を始めた人と上達に差がある、自分には才能がないのかな、もっと小さい頃からジャグリングを始めることができていれば…
そう感じている人のための、ジャグリング世界記録保持者ライド・ディトマーによる東京ワークショップです。

※ライドは2016年3月1日開催の第3回横浜新ジャグリング競技会でのゲストショーも行います。
 ぜひ世界記録保持者のジャグリングを目の前でごらんください。

ライド自身プロとしては遅い十代後半からジャグリングを始め、最初の二年間は才能のなさを努力と練習時間の延長で解決するしか方法が見つからず、どんなに努力をしても結果を出せずにもがき苦しんだ経験を持っています。そこから膨大な量の「自然に上手になれるジャグラー」と「努力が上達に結びつかないジャグラー」へのインタビュー、観察を積み重ね、才能だけではない両者の違い、より早くジャグリングが上手になれる具体的な練習の仕方や、目標設定の仕方を6つの練習方法として確立しました。
ライドはその理論をまとめたファースト ジャグリング サクセスという本も書いています。

この6つの方法を確立してからライドはたった二年間で5クラブバッククロス、7クラブ、11リングフラッシュができるほど、圧倒的な速度でトップジャグラーになることができました。
さらに周囲のジャグラーに「劇的にジャグリングが上手になる6つの方法」を伝授したところ、彼らもそれまでとは全く違う上達ができるようになっています。
ジャグリング世界記録保持者と同じ練習のやり方、考え方を学ぶことは、ジャグリングが上手になる最短距離です。

一般に広く信じられている「才能がなければ上達できない」「小さい頃から練習を始めなければいけない」
この2つの常識は迷信であり、「才能だけでは絶対に理論と方法を超えることはできない」と断言しているライド。
自分には才能がない、遅くから始めたから自分には無理と諦めていた人に。
今までとは違う結果を出すためには、今までとは違う練習をしなければいけない、でもその方法が分からない…
ライドの6つの方法は、その答えを教えてくれます。

世界記録保持者ライド・ディトマー東京ワークショップ
~劇的にジャグリングが上手になる6つの方法~

日時:2月23(火)~26(金)18:00~22:00/各4時間、合計16時間のワークショップです
場所:Bumb東京スポーツ文化館 マルチスタジオ 新木場駅徒歩13分
参加費:28,000円/当日支払い(一部日程のみの参加も可能ですが、参加費割引はありません。日程、途中参加等はご相談ください)
言語:英語(通訳あり)ワークショップの半分は理論の講義、半分は実践しながら自分の練習方法を見つけていきます。
主催:一般社団法人国際新ジャグリング連盟
協賛:ジャグラーズビジョン
後援:RADFACTOR

参加お申込みは以下のフォームよりお願いします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

当日ご連絡先(必須)

メッセージ

上記内容でよろしければチェックを入れてください

コメントを残す

*